『ニュー・アース 〜意識が変わる 世界が変わる〜』


世界をありのままに見る
d0315734_16492987.jpg

 言葉やラベルをはりつけないで世界をありのままに見れば、はるか昔に人類が思考を使うのではなく思考に縛られたときに失った奇跡のような畏敬の念が甦る。人生に深さが戻ってくる。ものごとは再び初々しさ、新鮮さを取り戻す。最大の奇跡は自己の本質を経験できることだ。その本質は言葉や思考や知的なラベルやイメージに先行する。それを経験するためには、「自分(I)」という意識、「在る(Beingness)」という意識を、自分と混同されているすべて、自分を同一化しているすべてから切り離さなくてはならない。自分をモノや事物から切り離すこと、それが本書のテーマである。
 ものごとや人や状況に、言葉や知的なラベルを急いで貼りつければ貼りつけるほど、あなたの現実は生命力を失って浅薄になり、現実を生き生きと感じ取れなくなって、あなた自信の内側や周囲で展開されている生命の奇跡に対する感覚が鈍くなる。小賢しさは身についても智恵は失われ、喜びや愛や創造性や生き生きとした躍動感もなくなる。認識と解釈という生気のない状況のなかで消えてしまう。もちろん私たちは言葉や思考を使う必要がある。言葉や思考にはそれぞれの美があるーだがそこに囚われてしまう必要があるだそうか?
 言葉はものごとを頭で把握できる程度に簡略化する。言語はaiueoの五つの母音と、気圧の調節によって発音されるsfgその他の子音とでできている。こんなシンプルな音の組み合わせだけであなたが何者なのか、宇宙の究極の目的とは何なのかを、いや樹木や石ころについてすら、その深みまで余すところなく説明できるなどと信じられるだろうか?

『ニュー・アース 〜意識が変わる 世界が変わる〜』
(エックハルト・トール 著 吉田利子 訳/サンマーク出版)
第二章 エゴという間違った自己のメカニズム P36より抜粋


-----------------------------------------

30代のわたしは、まさに
“小賢しさは身についても智恵は失われ、
喜びや愛や創造性や生き生きとした躍動感もなく”してしまっていたとおもう。
昔のじぶんを振り返るとはずかしいけれど、
そんなかつてのじぶんを抜け出して、
いま、ここにいられて、ほんとうによかったとおもっています。
蘇生。という感じ。



思考しすぎて、頭が沸騰しているとき。
なぜだか、気持ちがわさわさするとき。

じぶんや自分以外のだれか、物事や事象にラベルをはりつけること、
ジャッジすること(さらには批判することも)をやめてみる。

ジャッジしない。
なにが正しくて、なにが正しくないか、
なにが良くて、なにが悪いか、
なにが幸せで、なにが不幸せかなど、
すべてひとつの視点からの判断でしかなく、幻想でしかないから。

ただただ、じぶんが「いま、ここに在る」ことだけを感じる。
目の前のことだけに夢中になる。

たったそれだけで、心が平穏を取り戻し、からだもゆるんでいくのがわかります。




ここ数年、何度も読み返しているこの本。
エゴについて詳細に書かれているのですが、とてもおもしろいです。

エゴとは、本書によれば・・・
↓↓
 人間はエゴとほんとうの自分とを混同している。エゴとは思考、妄想、私たちのなかにあって「私が、私が」と言いたがる存在だ。しかもエゴはそれ自体では存在できず、何かに自分を「同一化」せずにはいられない。これが人類につきものの「機能不全」である。そして、その何かとはブランド品などのモノであったり、地位や名誉、さまざまな役割などであったりする。だがしょせんそれは同一化の対象であって、自分そのものではないから、何に同一化しようともエゴは決して満足しない。もっともっとと求め続ける底なしの穴に落ち込む(これが消費社会の基盤であるという指摘には深くうなずかされた)。
 この機能不全を解決するにはどうすればいいか。エゴではない、その奥にあるほんとうの自分に目覚めることだ。ほんとうの自分とは、いまのこの瞬間に生きて在る私、エゴのように何者かによって自己イメージを支える必要のない、あるがままの自分である。そこに気づけば新しい意識が生まれる。



納得です。

そして、わたしがこの本を読んで最も救われたのは、
"エゴは、わたしではない”ということでした。






☆☆あっという間に来週、まだ残席あります!☆☆

3/14〜17 『クラニオ講座&衣食住(冷え)とワクチンのおはなし会』開催!
ただいま、お申し込み受付中です。詳細は上のリンク先をご覧くださいませ。




==========================
手をふれるだけで、
カラダもココロも
ゆるんで流れてスッキリ!
『旅する、クラニオ。』



熊本市中央区大江にて
クラニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)をおこなっています。
3月のスケジュールはこちらです。

*クラニオ詳細、料金については、
右のカテゴリーより記事を選び、ご確認くださいませ。

==========================












by tabicranio | 2015-03-05 00:01 | ・そのほかの健康法や健康本

熊本市中央区新屋敷にて、自律神経系や自己治癒力にアプローチできるクラニオセイクラルセラピー <頭蓋仙骨療法>の個人セッションをおこなっています。東京・表参道や豊洲での個人セッションも毎月開催。


by tabicranio
画像一覧
更新通知を受け取る