パターンを手放す〜クラニオ(まくのうちセラピー)と、ホ・オポノポノ、またはマインドフルネス。

人間は一日中、頭の中でたくさんの思考をめぐらせています。
具体的な数字で表すと、1日に6万回も思考をしているとのこと。

引き寄せの法則や、さまざまな自己啓発系の話でも語られることではありますが、「思考は現実化する」とわたしも常々思っています。

たとえば無意識で抱いてしまっている「わたしばっかりうまくいかない」「わたしはいつも選ばれない」「わたしは劣っている」といった決めつけや、「また失敗するかもしれない」「うまくできないかもしれない」という不安や恐れ、「うまくいってしまったらそれはそれで大変だ」という隠れた本心(←これが結構厄介です。これがある限り、うまくいくことはないでしょう。)などが、夢や願いの現実化を阻んでいることは、自分の経験からも確かなことだと実感しています。

こういった思い込み、すり込みは、それこそ赤ちゃんの頃から始まっていて、家庭や学校などで大人たちからどのような言葉をかけられて育ってきたかが深く影響しています。

「あなたは何でもできるし、なりたいものになっていいのよ」と言われて育った人と、「なんで、こんなこともできないの?」「あなたにそんな能力はないわよ」と言われて育った人。
両者のその潜在意識に刷り込まれた、自分という存在に対する認識や思考パターンの違いは、その後の人生に大きく影響するであろうことは、推して知るべしだと思います。

そして特につまづいた時に、どのように気持ちや思考を切り替えていったらいいか、については、小さな子供のうちにみんなが等しく教えてもらえていたら、きっと誰もがもっと自分の人生を生きやすくなるだろうなあと思わずにはいられません。

また、同じ過ちを繰り返しやすいのも、脳の仕業と言われています。
たとえば、恋愛でいつも同じパターンにはまってしまう、とか、転職するたびに同じような人間関係の悩みに見舞われるといったことも、典型例だと思います。
今度はそうならないように、と思っていても、「そうならないように」という方にばかり強く意識が働いているために、気づくとまた同じ状況を引き寄せてしまう。
しかも繰り返せば繰り返すほど、すり込みが強化されて、ますます抜け出すのが難しくなる。


このすり込みをクリーニングして書き換えるには、とてもパワーがかかります。
自分の思考を常時見張り、24時間、常に自分の本当の願いに沿った思考をめぐらせておくには、かなりの鍛錬が必要になります。
ですが、取り組まないことには、一生同じパターンを繰り返してしまいます。

自分の思考は自分以外にはコントロールできないのだということを自分に言い聞かせ、これは、ひたすら地道に訓練し続けるしかありません。
人によっては、1000本ノックやトラック100周走くらいに厳しい道かもしれませんが、へこたれないで。
なんだか、ほとほと疲れて、あきらめたくもなっちゃうのですが、あきらめないでほしいと思います。
(あきらめて、来世に持ち越す人も結構多いみたいですね。)


ネガティブな方向へ思考がいってしまうクセから、なかなか抜けられない。
そんなクライアントさんに対してわたしができること。

それは、何度でも、思考のクセを直せるのは自分以外にいないのですよ、と声をかけ、クセを直すための方法を何度でもオウムのように繰り返しお伝えし、そしてクラニオをしながら、ただただ一緒にクリーニングをするということです。

クラニオ中(※まくのうちセラピー中)の、半分瞑想をしているような意識状態における、思考をしていない空っぽの脳の心地よさ。
その心地よさを脳や体に繰り返し覚えさせていくことも、思考のクセを直していく一助になると、わたしは思っています(まくのうちセラピーの産みの親、ひろの先生も)。

※まくのうちセラピーとはわたしが行っているクラニオの別名です。私のクラニオの師匠・やまむらひろのさんのクラニオは、一般的なクラニオとはほんの少し異なるため、この呼び名となっています。詳しい違いをここでお伝えすることはできないため、「おうちでできるクラニオ(まくのうちセラピー)講座」や「セラピスト向け・同講座」をぜひ受講していただけたらと思うのですが、徹頭徹尾・首尾一貫して、非介入という立場で行います。


そして、まくのうちセラピーをお受けいただくのと並行して、日常生活で取り組んでいただきたいのが、ネガティブループから抜け出すツールを持ち、それを実践することです。

以前よりこのブログで何度も書いておりますので、わたしが日々「ホ・オポノポノ」でネガティブ思考をクリーニングしていることは、皆さま、ご存知かと思うのですが、「ホ・オポノポノ」の4つのワードを唱えるという手法は、行えば行うほど、そのパワフルさを実感せずにはいられません。

「ホ・オポノポノ」とは、ハワイに古くから伝わる問題解決法で、「この世界で起こる現実は、全人類の記憶の再生である」という考え方に基づくものです。
詳しくはネットで検索してお調べになっていただきたいのですが、つまり、「自分の目の前に起こる現象は、自分の過去の記憶の再生だと考え、その記憶をひとつひとつクリーニングしていけば、同じ出来事は繰り返されなくなる」(←わかりやすくお伝えするために端的に書いています)というもので、その記憶のクリーニングの手法のひとつとして、4つの言葉を唱える、というものがあります。

4つの言葉とは、<ごめんなさい・ありがとう・許してください・愛しています>。順不同で、誰に対して言っているかは考えません。あくまで呪文のようなものと思って、無心で唱え続けます。
これがとてもお手軽で、唱え始めてしばらくすると、まずネガティブな思考から解放されます。

たとえば。
嫌なことがおこったり、不安なことが頭をよぎるなどして、頭がネガティブ思考で占拠されてしまったとします。
その時、ひとつ深い呼吸をして、頭を思考に乗っ取られていることに気づきます。
そしてすかさず心の中で、ホ・オポノポノの4つの言葉<ごめんなさい・ありがとう・許してください・愛しています>を唱え始めます。

すると、さっきまで頭の中に居座っていたネガティブな思考が頭から離れ、心がスーッと落ち着いていきます。
そして、自分自身の体と心が「今、ここ」に戻ってきて、ネガティブ思考の渦に巻き込まれないですみます。
さらには、そのままネガティブな思考を抱き続けることで、さらに引き起こされていたかもしれない良くない出来事をも回避することができます。
逆に、いいことが起こり始めたりすることも。
確実に救われます。


これって、実はここ数年、ビジネスの世界でも話題になっている<マインドフルネス>と似ているなあと思っています。
<マインドフルネス>とは、「五感を使って、今、ここに集中し、判断や評価をしない心のあり方」などと定義されているようですが、これを応用したストレス低減法や、認知療法などもあり、医療や教育の分野でも活用されています。

「ジャッジ(評価・判断)をしない」とは、まさに、まくのうちセラピーと一緒。
「評価や判断のない、安心で包まれた世界(状態)に心身を置くこと」で、自己治癒力が発動します。

クラニオを始める前に、皆さんに、「眠りに入るまで、ご自身の体の中で起こっている変化を観察してください」とお声をかけさせていただきますが、それも<マインドフルネス>ですね。
「血液や体液がサーっと流れ出した」「手先・足先がポカポカしてきた」「お腹の臓器がムニュムニュ動いている」「寝違えた首筋がじわじわ動いて元に戻るのがわかった」などなど。
「今、ここ」に心を集中させるのみで、一切のジャッジを捨て、思考をストップする。
これによって得られる恩恵は、とてもとても大きいのです。


マインドフルネスに話がそれてしまいましたが、このマインドフルネスしかり、ホ・オポノポノしかり、当たり前のことではありますが、これ、やらないことには、まーったく効果はありません。

がっつり取り組まなければ効果を得られるはずはないのに、ちょっとやってみただけで、効果がわからなかったというかたが多くて(すみません、言葉に出されなくても、お会いしていなくても、わたくし、なんとなく察してしまうのです)、本当にもったいないなあと思います。
ですがそれも、「本当は変わりたくない」「変わるのがこわい」ということでもあるかと思うので、再び本気で変えようと思われた時に、取り組んでいただければいいのかなあと思っております。

セラピストの、相手を変えてあげたい、どうにかしてあげたい、という気持ちさえもがエゴ。
ご本人がどうしたいかしか、この世界には、ないのです。


単純に意志が弱くて続けられない、ということであれば、わたしがミニチュア人形になって、24時間、その方の右肩に乗っかって(ゲゲゲの鬼太郎の目玉親父みたいに)、常に「あ!いま、ネガティブ思考にハマってる!ポノって思考を外して!」「はい!今、ポノって!」なんて、四六時中アドバイスができれば最高なのですがね。笑

誰かわたしを目玉親父にする技術を開発してくださーい。
できれば目玉親父の分身が4名ぐらい、欲しいです。なんて。


冷えをとることもそうですが、何十年もかけて刷り込まれたパターン(出来上がってしまった体質)を変えていくには、やはり時間(回数)がかかります。
ですが長い目で見ながら、心を<今、ここ>に置く訓練をしつつ、まくのうちセラピーを定期的に(思考がネガティブにはまっているなあと感じたタイミングでも随時)お受けいただくと、少しずつクセは直していけるはずです。


人間、生きていれば、落ち込んだり、悲しんだりするような出来事が起こるのは当たり前です。
だけど、そこでどう自分の思考や感情をコントロールするか。
すべてはそこにかかっているのだと思います。


最後にちょっとだけわたしの話を。
一浪して、ものすごーく勉強をして臨んだ大学受験で、自分の中で行きたい大学がすべて不合格と判明した日。
母に言われた「どうせ全部だめなのよ」という一言は、今でも心に引っかかっています。(これは母本人にも話してあります。あまり気にも留めていないようですが。笑)
結局、日にちが空いていたからという理由だけで受けた、一番難しいと予想していた一校に受かり、そこに通うことになりましたが、そこからわたしのひねくれ人生が始まってしまいました。笑
目指していた英文科・英語学科に受からなかったので、わたしにとっては初めての大きな挫折でした。


わたしもいくつかのとても強力な思い込み・すり込みを書き換えることに、絶賛、注力をしているところです。
これまで生きてきた間に経験した(現世での)さまざまな出来事、さらには過去世での経験から、潜在意識でも顕在意識でも、自らをそのように定義付けてしまっている。
そのことが自分でもとてもよくわかります。

いやはや、それにしても、根深いすり込みであります。



なんと、今日の日めくりカレンダーは、「パターンを手放そう」でした。
なんというタイミング!

今日は満月ですね。

d0315734_19003367.jpg




<最新の熊本クラニオセッション・スケジュールと料金、ご予約はこちら


◎『おうちでできるクラニオ講座』のお申し込みも随時受け付けております。
ご家族の不調時に役立つ手技療法を、お友達同士やご家族、ご夫婦で習得してみませんか。
<熊本>の詳細・ご予約はこちらからどうぞ。
<東京2/20(火)残席3>の詳細・ご予約はこちらからどうぞ。

◎九州他県や熊本県内遠方へのクラニオ出張も承ります。
1日最低3名様でお集まりいただけましたら、レンタカーを借りるなどしてお伺いいたします。なお、マッサージテーブルがなくても、お布団さえあれば、どこでもクラニオできます。詳細はお問い合わせくださいませ。


<11月の関東クラニオ出張>
次回の関東クラニオ出張は、11
月17日(金)〜23日(祝・木)にまいります。場所は新たに神奈川・葉山が加わり、東京・表参道(渋谷)、東京・祐天寺、東京・豊洲、神奈川・横浜(白楽)、埼玉・坂戸の全6箇所にて。熊本の美味しいお土産付きです。はじめましての方も、どうぞ遠慮なくお越しくださいませ。詳細・ご予約はこちらです。


<2017年9月10日より、新しい継続割引の制度を設けさせていただきます。>
詳細はこちらにてご確認くださいませ。


治癒力を引き出すことのできる「手」の使い方と手技法も講座でお伝えしています。
☆☆ひろの先生「セラピスト向け講座」&「ワクチンと食のおはなし会」など(2018.2/9〜12)☆☆
↓↓
============================
◎食のおはなし会&ワクチンのおはなし会
[2月9日(金)@プライベートロッジ]
◎第10期 セラピスト向け まくのうちセラピー(クラニオ)講座
[定員4名/2月10日(土) @熊本市中央区の公共施設
◎第5期 セラピスト向け まくのうちセラピー(クラニオ)・アドバンス講座
[定員4名/2月11日(土・祝)@熊本市中央区の公共施設

詳細内容・お申し込みはこちらを参照ください。

============================


◎instagramは
こちらです。




------------------------

もみほぐさないのに、

からだとこころが軽くなる。

ちょっと不思議なセラピーです。


熊本市中央区新屋敷にてクラニオセイクラルセラピーを行っています。


《旅する、クラニオ。》

------------------------









by tabicranio | 2017-11-04 00:00 | ・そのほかの健康法や健康本

熊本市中央区新屋敷にて、自律神経系や自己治癒力にアプローチできるクラニオセイクラルセラピー <頭蓋仙骨療法>の個人セッションをおこなっています。東京・表参道や豊洲での個人セッションも毎月開催。


by tabicranio
画像一覧
更新通知を受け取る