冷えとりソックスについて、最近思うこと。〜最下層を絹&綿ではなくウールにしてみたら〜

今日から9月です。
猛暑中の猛暑に見舞われた今年の夏も、だんだんと終わりへ近づいていきますね。

冷えとり健康法を始めて、もう10年以上経つのでしょうか。
もはや、はっきりとした年数もわからなくなってきましたが、冷えとりソックスの4枚ばきも、飽きもせずに続けています。
単純に足元や下半身があったかいほうが心地いいし、なんといっても体の調子がよく、そして毎日機嫌よくいられるから。
天然繊維の効果か、足裏の皮膚がツルツルになるのも隠れたメリットですよね。

以前は一年中履いていた靴下ですが、3年前からは夏場日中のソックス重ねばき&レギンスをやめています。
歴も長くなり、十分な排毒はできていると自分で判断したためです。
まあ、とても履いていられる天候でない、ということもありましたが。

とはいえ、クーラーの中にいるとき、特にクラニオセッションをしているときは、<頭寒足熱><上虚下実>の状態を作りたいため、靴下を履いていることが多かったです。
(眠る時もソックスを2枚ほど重ねていましたね。今年の夏は特に就寝2時間後まではクーラーをつけていたので、どうしても裸足だと足先・足首のあたりがスースーするのが気になったのです。)

これからまた、日に日に涼しくなっていくので、それに合わせてレギンスを履いたり、靴下の枚数を増やしていくことになるのかなと思っています。


さてさて、ここからが今日の本題です。

足先が冷えやすいなら温めたほうがいいということや、そもそも人間の身体は<頭寒足熱><上虚下実>の状態にあることが健康維持の大きな肝であるという考えに変わりはないのですが、以前よりセラピストの先輩がたから、冷えとりソックスの重ねばきは「絹や綿で吸った汗により、逆に足先を冷やしてしまっているのでは?ウールの方がいいと思うよ」というお声をいただいていました。

1枚目と2枚目に絹と綿を持ってくるのは、絹によって排毒を促し(汗と一緒に体内の毒素を絹が吸い上げる)、綿にその汗を吸収させるためです。
冷えとり健康法の本にも靴下は汗で湿ってしまったら取り替える、と書かれていますし、私も1枚目と2枚目は毎日取り替えるようにしていました。
始めてからある程度年数が経ってきた頃から、汗の量も少なくなってはいたのですが、やっぱり湿ることで冷えている、そんな気がしないこともないんですよね。

長年自分が気に入って続けているものを否定されたくない気持ちもあって(それを執着という。笑)、なかなかすぐに1枚目&2枚目にウールを履く気持ちになれなかったのですが、今年の春先、それまで履いていた絹&綿のソックスすべてを履き倒したタイミングで、実際に試してみることにしました。

そうしたら!!
ウール、とってもいいんですよ。
通気性があるので、湿って冷たくなるようなことがなく、とってもあったかいのです。
冬山に登る登山者が一番下に着るのはウールで、それは通気性と保温性を兼ね備えているからなんですよね。
実際にやってみて納得しました。

そんなわけで、冷えとりソックスを長年続けているけれど、どうも足先の冷えが抜けない、何枚履いても冷えを感じてしまい枚数が5枚以上になってしまっているというかたは、ぜひ最下層にもウールを持ってきてみてください。
またその際に、重ねる枚数は4枚までにしてください。
いや、もしかしたらウールにしたらそこまでの枚数も不要かもしれません。

なぜ重ねすぎないでほしいかというと、足底筋が使えなくなってしまうからです。
足底筋が使えていないと、下半身のむくみや冷え、代謝の悪さ=太りやすい体質につながりますし、姿勢やインナーマッスルにも深く関係していきます。
自分の体で熱を作り出すためには、筋肉を十分に使う必要があります。
それをしないでいると、いつまで経っても冷えは改善できない、ということなんですよね。
冷えを取るために、また頭寒足熱を保つために、もちろん下半身は温めてほしいのですが、筋肉を動かして自分で発熱できる状態を作っていくこともとても大切です。
健康のために食や睡眠も大切ですが、やはり適度な運動も習慣にしていただきたいと思います。


そんなわけで、ウールのソックス、とってもおすすめです。


d0315734_18303401.jpeg



上の靴下は、マーマーなブックス&ソックスで販売している、ウールの5本指ソックスと先丸ソックスです。
これ、とっても気持ちいいですよ。
5本指にありがちな締め付けもなく、ゆるゆるです。

母にもプレゼントしたら、あったかくて気持ちいいと気に入ってくれたみたいです。





手で触れるだけの手技で、みるみる体がゆるみ、脳せきずい液の流れを促進。
自律神経を整え、自己治癒力を引き上げるクラニオ・セイクラル・セラピー。



<9月の関東クラニオ個人セッション>
詳細・ご予約はこちらです。




治癒力を引き出すことのできる「手」の使い方と手技法も講座でお伝えしています。

◎『おうちでできるクラニオ<まくのうちセラピー>講座』のお申し込みも随時受け付けております。
ご家族の不調時に役立つ手技療法を、お友達同士やご家族、ご夫婦で習得してみませんか。
<熊本 9/18(火)1組2名様 募集中>の講座詳細内容はこちらにてご覧いただけます。
<東京 随時募集中> 講座詳細内容はこちらにてご覧いただけます。



◎病室へのクラニオ出張も承っております。(熊本市内中央区界隈)
ご自宅および病室で療養中のかたの緩和ケアや術後の回復のために利用されたいかた、ご用命ください。
定期的なペースでの出張をご希望いただいたかたへは、出張料金は免除させていただきます。くわしくはこちらにて。


◎九州他県や熊本県内遠方へのクラニオ出張も承ります。
1日最低3名様でお集まりいただけましたら、レンタカーを借りるなどしてお伺いいたします。なお、マッサージテーブルがなくても、お布団さえあれば、どこでもクラニオできます。詳細はお問い合わせくださいませ。


『おうちでできるクラニオ<まくのうちセラピー>講座』のネクストステージです。
☆☆ひろの先生「セラピスト向け講座」&「ワクチンと食のおはなし会」など(2018.10/19〜22)☆☆
↓↓
============================
◎食のおはなし会&ワクチンのおはなし会
[10月19日(金)@プライベートロッジ]
◎第12期 セラピスト向け まくのうちセラピー(クラニオ)講座
[定員4名(残席2)/10月20日(土) @熊本市中央区の公共施設]
◎第7期 セラピスト向け まくのうちセラピー(クラニオ)・アドバンス講座
[定員4名/10月21日(日@熊本市中央区の公共施設
◎セラピスト向け既受講者向け 座学勉強会&フォローアップ講習
[定員各6名(残席各4)/10月22日(月)@熊本市中央区の公共施設
New!
◎親子で話せる「性」のおはなし
[10月23日(火)@白川地域コミュニティーセンター]

詳細内容・お申し込みはこちらを参照ください。


<9月に東京でも開催されます!>
◎セラピスト向け まくのうちセラピー(クラニオ)講座
[定員4名(満席)/9月27日(木)) @港区東麻布のレンタルスタジオにて
◎第7期 セラピスト向け まくのうちセラピー(クラニオ)・アドバンス講座
[定員4名(残席1)/9月28日(金)@港区東麻布のレンタルスタジオにて
詳細内容はこちらを参照ください。

============================


◎instagramは
こちらです。














by tabicranio | 2018-09-01 00:01 | ・冷えとり健康法

熊本市中央区新屋敷にて、自律神経系や自己治癒力にアプローチできるクラニオセイクラルセラピー <頭蓋仙骨療法>の個人セッションをおこなっています。東京・表参道や豊洲での個人セッションも毎月開催。


by tabicranio
画像一覧
更新通知を受け取る