【感想コメントのご紹介】熊本『食・ワクチン・性のおはなし会』

開催からだいぶ日にちが経ってしまいましたが、2018年10月のひろの先生、熊本おはなし会の写真レポートと皆さまから頂戴した感想コメントをご紹介させていただきます。


まずは初日、10/19(金)に開催した

『食のおはなし会〜美味しく食べる知恵は、生きる知恵。〜』と

『ワクチン(予防接種)のおはなし会〜ワクチンについて知っておきたい、アレコレ。』

場所はいつもお世話になっている並木坂のマクロビカフェ、プライベートロッジさんにて。


d0315734_21280125.jpg


d0315734_21284210.jpg


いつも多い時には、10名超のかたにお越しいただくのですが、今回は月末に某有名医師の方のワクチンおはなし会が熊本で開催されることもあってかなくてか(笑)、午前中の食は4名、午後はのワクチンは5名のかたのご参加でした。

少人数には少人数なりのメリットもあって、質問もしやすく、対話も増え、さらなる情報共有ができたり、参加者さん同士もつながってくださったり。

2ヶ月の赤ちゃん連れのかた、5ヶ月の妊婦さん、20代前半ですが食の問題に関心をお持ちのかた、子育て中のお二人、施術業の30代男性がご参加くださいました。

たくさんのかたに、という気持ちもなくはないけれど、かえってこれぐらいの人数の方が良いのかもしれないなあなどと主催者としては思ったりもいたしました。

ちなみにひろの先生も、最近は現役医師のかたもワクチンのおはなしをしてくださるので、かえってこちらの身に危険が及ぶこともなく、助かります!と笑いながらおっしゃってらっしゃいました。


人数がこれくらいでも、今後も引き続き開催してまいりますので、気になっているかたは、いつでもご参加くださいね。

毎年2・6・10月に開催しております。



d0315734_21282543.jpg


d0315734_21290669.jpg


ロッジさんのランチと午後のスイーツ。

メグさん、安心の食材で美味しいごはんとスイーツをご用意いただき、いつもありがとうございます♪



d0315734_21271571.jpeg

ワクチンのおはなし会のあと、質疑応答の時間に、ひろの先生にまんまる抱っこしてもらってご機嫌のベビちゃん。

ひろの先生が抱っこすると、それまでグズっていたベビちゃんもなぜかみんなご機嫌になります。すごいなあ♡



<頂戴した感想コメント>

◎食のおはなし会

・台所は生き物を食べ物に変える所という最初のことばに、はっとしました。生き物の命をいただくことへの感謝をもって、お料理をつくり、食べたいと思います。そして、頭でっかちでダメダメばかりの自分を少し見直して、ゆるーくできるところはゆるーくしていこうと思います。


・思っていた内容(これが良い・悪いというような)とは違ったけれど、今までわたしが思っていたことや、やってきたこと、一つひとつ考えていたことが、丸くつながった気がしました。食材を楽しく選び、楽しく作りたいとあらためて思いました。



◎ワクチンのおはなし会

・当たり前のように接種すると思っていましたが、ワクチンを体内に入れることによる有害な成分の方が危険だと思いました。

さらに接種したところでその成分が有効である期間がずっと続くわけでもなく、その病気にかかるリスクもそんなに多くないと知ると、ワクチン自体の必要性には疑問を感じました。

家族にも今回の内容を話してみて、今後ワクチンを接種することを今一度検討してみます。


・母から予防接種は良くないとは聞いていたけど、なんで良くないのかなどは知らなかったので、今日知ることができて、すごく良かったです。

周りがするからするのではなく、自分で考えて自分でうつかどうか決めていこうと思います。

全てが為になる話ばかりで、時間もあっという間でした!

もっと詳しく知りたいので、また機会があれば参加したいです。


・一つひとつのワクチンのことがよくわかりました。ワクチン以外のことで予防できるように頑張ります!


・今日のおはなしを聞いて、かかったとしても(発症したとしても)対処法があることが知れて良かった。

今までいくつかのワクチンの話を聞きに行ったので、それらと合わせて、ますます腑に落ちた感じがします。



ワクチンは義務ではありませんし、受けてもいいし、受けなくてもいい。一つひとつを吟味し精査し、受けるものを選んで受けたっていいのです。

もちろん、離婚してまで子どもにワクチンを打たせない、というようなことまでするのはいかがかと思いますが、人間の免疫システムがどういうものなのか、そしてワクチンが何で作られ、どう作用するのかしないのか、いまこのタイミングで打たせる必要があるのかないのかなど、現代医療側やマスメディアが伝えてくれない情報を入手しと、ご家族、ご夫婦で話をしながらお決めいただけたらと思います。


ここ数日でも、BCGのワクチンの中にヒ素が混入していた事実を知りながら、長い期間、その事実が公表されずに、しかも基準値を超えているのに安全性に問題はないなどと今頃言っている、というニュースが駆け巡ったばかりです。





日本においてはもうすでにあらゆることが破綻しかけているので、ワクチンのことだけでなく、今後はこのようなことが次々に起こってくるはず。

心しておきたいものです。




続いて10/23(火)熊本初開催の性のおはなし会『親子で話せる「性」のおはなし』。


d0315734_21254295.jpg


後ろのホワイトボードの絵が気になりますよね(笑)。


この日もこじんまりと5名のご参加でしたが、その分、皆さんお一人おひとりと対話しながら進められ、とても充実した会となりました。
3ヶ月の赤ちゃんもいらっしゃったので、さらに和みました。


子どもたちがポルノ情報としての性にいきなり触れてしまう前に、科学的、文化的、社会的な性の知識を伝えておくことの大切さ。
そしてそれらを、どんな内容、どういうタイミングで、どのように伝えていけばいいのかを、極めて具体的に教えてもらえ、参加者さんにとってはとても役立つ内容だったのではないかなと思います。


ひろの先生が息子さんにどのように伝えたか、そしてそのときの息子さんの反応や、先生がこれまでに見聞きしてきた家庭での性教育のエピソードは聞いていてとてもほほえましく、面白かったです。

また、ご参加のかたからも、これまでお子さんからの性についての質問に、どのように答え、おはなしをされてきたのか、具体的な言葉をまじえながら語っていただけた場面もあり、ウチはこれから!という皆さまには、とても参考になったようです。


性が恥ずかしいものとして隠されてしまう(科学的、精神的な性がしっかりと伝えられない)ことにより、若い世代に不本意なセックス、不本意な妊娠・中絶が増えてしまっているという重い現実についてもお話があり、考えさせられる場面もありました。
(ちなみに、ひろの先生は性被害にあわれたお子さんをサポートするお仕事の経験もおありです。)


本来の、安心と幸せにあふれた性(セックスや妊娠、出産)の素晴らしさが伝えられる前に、刺激的、服従・暴力的な性情報(電車の中吊り広告やコンビニのエロ本コーナー、レンタルビデオ屋のセクシー&AVコーナーはじめ、いまはwebから入ってくる情報もありますね。。)に子どもたちが触れてしまうことの危うさ。

ひろの先生も最後にお話しされていましたが、学校における性教育が、波風を立てないようにするあまり、中身そのものが形骸化してしまっている現況でできることは、やはり家庭の中で親が逃げずにきっちりと教えていくこと、これに尽きるのではないかなと思います。

2時間半の内容の素晴らしさは、とてもここでは伝えきれませんが、性について大人たちからこんな風に伝えてもらえる子どもたちが増えたら、この世界はもっともっと幸せに満ちたものなるだろうなと思いました。



<頂戴した感想コメント>

・性のおはなしだけでなく、子どもに何を聞かれても、しっかり向き合って答えられる母になりたいと改めて思いました。

今日のおはなしを聞いて、息子に色々きかれるのが楽しみになった気がします。ありがとうございました。


・科学的、国語的、文化的視点で性のことを考えてみるというのが、とても面白く、より性についての深い理解につながると思う。

子どもと一緒に気軽に多面的な方向から性について話をしようと思う。これからが楽しみ。

今日学んだようなことが普通に学校の授業としてあれば、世の中はもっと人に優しい社会になって、もっとよくなると思う。


・子どもに伝えるためのヒントがたくさんつまっていて、ためになりました。気軽に話せておもしろかったです。


・すごく勉強になりました。生きていく上でとっても大切な性の話。

もっともっとオープンに話せるようになるといいなあと思いました。次回は娘に参加させたいです。


・妊娠中に小学校低学年のお子さんがいらっしゃるかたから、「赤ちゃんって、どうやってできるの?って聞かれたけれど、そのうち学校の先生が教えてくれるよって答えた。」というのを聞いて、なにか違うよな…と思っていたところ、今回のおはなし会のご案内を知って、参加させていただきました。

先生のお話はもちろん、実際にお子さんと性のおはなしをされているかたのお話など、とても参考になりました。

何がきっかけて自分が子どもと性のおはなしをするのか未知ですが、その日が来るのが楽しみになりましたし、世の中にあふれている危険な情報に触れた時にも、ちゃんと説明すればよいのだと思えるようになりました。

今後もこのようなおはなし会が開かれるときには参加したいです!




今回おはなし会にご参加くださった皆さま、誠にありがとうございました。

持ち帰っていただいた情報や知恵が、皆さまのお役に立つことを願いつつ。



今回初めて開催した性のおはなし会につきましては、大変ご好評をいただきましたので、今後はレギュラー化いたします。

内容の素晴らしさに、実は主催者のわたし自身、いまだ感動冷めやらずなのです。。


そして、これはセラピストやカウンセラーのかたなど、ひとさまの人生に深く関わるお仕事をされているかたには、この性のおはなしはぜひとも聞いておいていただきたいと強く思いました。

性のことは、日常のあらゆることにつながっていて、ものすごく多元的かつ多層的です。
生理と受精の話だけですむことではないんですよね。

このお話を聞くと、それらを頭のなかでどう整理してとらえたらいいか、そしてお子さんや若いひとたちにどのように伝えていったらいいのかがシャキッと明確になります。
もちろん子どもたちに伝えるためだけでなく、大人である私たちにとってもパートナーとの関係性を考えるときにとても重要になってくるはなしであり、<自分>という存在=いのちをないがしろにすることなく、自己を尊重しながら幸せに生きていくためのその礎にもなる、そんな風に思いました。


親子で話せる、とありますが、既婚も独身も、お子さんがいるいないも、男も女も関係なく、ほんとうにすべてのかたに聞いていただきたいです。


ひろの先生のおはなし会&まくのうちセラピー(クラニオ)セミナーウィーク、次回は2月の中旬に開催します。

スケジュールも決まっておりますので、ぜひいまから来年の手帳にメモしておいていただけたらと思います。

2月のスケジュールはこちらです。



おまけです。

性教育について、FBでシェアした記事もリンクを貼っておきますね。


↓フランスの性教育の様子です。

思春期の子供が、学校で避妊と性病のみしか教えてもらえず、性行為の仕方はポルノからしか学べないと、将来の人間形成やカップル間の性のコミュニケーションにも大きく影響するだろうことは容易に想像できます。

日本でいま、幸せな性コミュニケーションが取れている大人って、どれくらいいるのかなあ。

『思春期の段階で性行為=「思いやり」と認識をし、心身ともにコミュニケーション力を磨く。』

子供達(=未来の大人たち)の幸せな人生に直結していく、とてもとても大切な教育だと思います。

そして子供達がここまで議論できるのも、すごいです。





↓ひろの先生のおはなし会、他の会場の感想コメントもとても参考になりますので、ぜひご覧になってください。読みごたえたっぷりです!





↓そのほかにも、性教育に関する記事、いろいろあります。ご参考までに。








手で触れるだけの手技で、みるみる体がゆるみ、脳せきずい液の流れを促進。
自律神経を整え、自己治癒力を引き上げるクラニオ・セイクラル・セラピー。



<12〜1月上旬の関東クラニオ個人セッション>
詳細・ご予約はこちらです。




治癒力を引き出すことのできる「手」の使い方と手技法も講座でお伝えしています。

◎『おうちでできるクラニオ<まくのうちセラピー>講座』のお申し込みも随時受け付けております。
ご家族の不調時に役立つ手技療法を、お友達同士やご家族、ご夫婦で習得してみませんか。
<熊本 随時募集中>の講座詳細内容はこちらにてご覧いただけます。
<東京 随時募集中> 講座詳細内容はこちらにてご覧いただけます。


◎病室へのクラニオ出張も承っております。(熊本市内中央区界隈)
ご自宅および病室で療養中のかたの緩和ケアや術後の回復のために利用されたいかた、ご用命ください。
定期的なペースでの出張をご希望いただいたかたへは、出張料金は免除させていただきます。くわしくはこちらにて。


◎九州他県や熊本県内遠方へのクラニオ出張も承ります。
1日最低3名様でお集まりいただけましたら、レンタカーを借りるなどしてお伺いいたします。なお、マッサージテーブルがなくても、お布団さえあれば、どこでもクラニオできます。詳細はお問い合わせくださいませ。


『おうちでできるクラニオ<まくのうちセラピー>講座』のネクストステージです。
☆☆ひろの先生「セラピスト向け講座」&「ワクチンと食のおはなし会」など(2019.2/15〜18)☆☆
↓↓
============================
◎第13期 セラピスト向け まくのうちセラピー(クラニオ)講座
[定員4名/2月15日(金) @熊本市中央区の公共施設]
◎第8期 セラピスト向け まくのうちセラピー(クラニオ)・アドバンス講座
[定員4名/2月16日(土@熊本市中央区の公共施設
◎セラピスト向け既受講者向け フォローアップ講習
[定員6名/2月16日(土・夜@熊本市中央区の公共施設
ワクチンのおはなし会<AM>&セラピスト向け既受講者向け 座学勉強会<PM>
[2月17日(日@熊本市中央区の公共施設
◎食のおはなし会<AM>&性のおはなし会<PM>
[2月18日(月)@プライベートロッジ]


詳細内容・お申し込みはこちらを参照ください。


<12月に東京でも開催されます!>
12/15(土)セラピスト向け まくのうちセラピー(クラニオ)講座 @大泉学園
12/16(日)セラピスト向け まくのうちセラピー(クラニオ)・アドバンス講座 @学芸大学
講座詳細内容・お申し込みはこちらをご覧くださいませ。

============================


◎instagramは
こちらです。


by tabicranio | 2018-11-05 00:00 | ◎講座・練習会・関東出張のレポート

熊本市中央区新屋敷にて、自律神経系や自己治癒力にアプローチできるクラニオセイクラルセラピー <頭蓋仙骨療法>の個人セッションをおこなっています。東京・表参道や豊洲での個人セッションも毎月開催。


by tabicranio
画像一覧
更新通知を受け取る